相手の家族と合わない
2017.03.10

スマホパートナーの家族と合わない、相手の親と合わないという理由で離婚に悩んでいる方は全体で14%ほども居ます。相手の家族と性格が合わない、生活スタイルが違いすぎる。多少の事なら我慢も出来ますが「夫が義両親の肩ばかり持つ」自分に味方が居ない状態では我慢できるものも出来ません。相手の家族と合わない原因は様々ですが、家族と合わないだけで離婚は出来るのでしょうか。

協議離婚なら話し合いで離婚を決定します。夫婦間での話になるので、お互いが離婚の内容に同意すれば離婚が成立します。ですが「その位、我慢できるでしょ」など同意が得られない場合には協議離婚では無理です。調停離婚になりますが、相手の家族と合わないだけでは離婚は出来ません。性格の不一致が原因で離婚するのと同じで、正式な離婚理由として認められていません。もちろん、絶対に離婚できない訳ではありません。相手の家族と合わないと言うパートナーの訴えを無視する、仲良く出来ないなら……と自分の家族だけをかばう様な行為があり溝が深まり婚姻生活を送る事が困難になった場合は離婚が出来ます。家族と合わないから離婚したいという理由も性格の不一致と考えます。合わないと言うだけでは離婚は出来ないので、相手の家族と合わない事実がある上でパートナーはどのような対処をしたのか?が重要になってきます。例えば「家族と合わない」と妻が夫に相談した事で溝夫は家族を庇い、溝が深まり妻だけ食事が別になった、妻は無視されるようになった。夫が間に入り、話し合いで解決出来れば「離婚」を考える事もなかったかもしれません。ですが、このような対処法では解決したとは言えず、妻は疎外感を味わい分かり合う事は無理です。自分を育ててくれた親なので妻をフォローせず親を庇う夫は大変多いです。

分かりあう事が無理という事は婚姻状態を継続する事は困難と判断されれば調停でも離婚は成立します。このような夫婦が破綻している状態なら、離婚も出来るし、慰謝料も請求できる場合もあります。証拠が必要な場合があるので、相手に相談した日にちや相手の対処法、家族の対応などを日記で書いておくといいと思います。確実に離婚をしたいなら理由を明確に伝え別居を申し出ましょう。別居の事実があれば更に離婚できる可能性が高くなります。夫が家族の味方をして妻がひどい扱いをした場合は夫に慰謝料を請求出来ますし、妻を追い出す為に姑が率先して行動を起こした場合には姑に慰謝料を請求出来る場合もあります。嫌がらせを受けて別居した場合も慰謝料が貰える確率も高くなります。必ず請求できるという事ではなく、詳細な状況などを明確にする事が必要です。離婚の際に相談する、折り合いがつかない場合には離婚する時に弁護士を雇う事もあると思います。まずは、パートナーと相談して解決する事を考えてみましょう。

▲ ページトップへ